海外FX 通貨ペア別スプレッドを比較

更新日:

海外FX スプレッド 海外FX 比較

海外FX口座のスプレッドを通貨ペア別に紹介、平均スプレッドの重要さ、スプレッドを比較するコツを解説

海外FX業者を選ぶにはスプレッドの比較が大きな「カギ」を握ります。

スプレッドは取引市場の動向次第で大きく変動することがあるので最小スプレッドだけではなく平均スプレッドのチェックが重要です。

平均スプレッドをチェックした上で最小スプレッドを見ることによってレートの変動幅の傾向がつかみやすくなるのでぜひ参考としてください。

また、スプレッドを比較するためのコツと注意点も詳しく解説します。

海外FX 通貨ペア別スプレッド比較

スプレッドの最小値と平均値を測定し、「直近データ」と測定を開始した「2018年3月以降のデータ(過去)」を掲載中。

以下の方法でスプレッドを測定しています。

スプレッドの測定方法

VPSサーバーなどを利用、対象の海外FX業者と通貨ペアは以下の通り。

  • VPSサーバー:お名前.com デスクトップクラウド for FXプラン(1GBプラン)

お名前.com VPSサーバー

  • プラットフォーム:MT4(メタトレーダー)
  • 対象リアル口座:
    以下の海外FX業者のスタンダード口座(STP口座)とECN口座
    XM、TitanFX、AXIORY、HotForex、LAND-FX
  • 対象通貨ペア
    USD/JPY(米ドル/円)
    EUR/JPY(ユーロ/円)
    GBP/JPY(英ポンド/円)
    AUD/JPY(豪ドル/円)
    CAD/JPY(カナダドル/円)
    EUR/USD(ユーロ/米ドル)
    AUD/USD(豪ドル/米ドル)
  • 測定データ
    スプレッドの最小値
    スプレッドの平均値

海外FX 最小スプレッド(直近1ヶ月)

直近1ヶ月間の最小スプレッド(カッコ内がECN口座の手数料)。
データを安い高い順に並び替えることができます。

業者名
(手数料 片道)
USDJPYEURJPYGBPJPYAUDJPYCADJPYEURUSDAUDUSD
XM1.3pips1.9pips2.2pips2.0pips2.7pips1.4pips1.6pips
XM(5ドル)0.0pips0.2pips0.2pips0.2pips0.5pips0.0pips0.2pips
TitanFX0.9pips1.0pips1.5pips1.6pips1.4pips0.6pips1.2pips
TitanFX(3.5ドル)0.2pips0.2pips0.3pips0.2pips0.4pips0.2pips0.3pips
AXIORY0.9pips1.0pips1.1pips1.6pips1.6pips1.2pips1.7pips
AXIORY(3ドル)0.1pips0.2pips0.3pips0.4pips0.5pips0.2pips0.4pips
HotForex1.0pips1.1pips1.3pips1.6pips1.6pips0.9pips1.6pips
HotForex(3ドル~)0.1pips0.1pips0.7pips0.6pips0.6pips0.2pips0.5pips
LAND-FX1.2pips1.4pips1.7pips1.1pips2.5pips0.7pips1.2pips
LAND-FX(3.5ドル)0.2pips0.1pips0.3pips0.4pips0.2pips0.3pips0.2pips

海外FX 最小スプレッド(過去)

2018年3月以降の最小スプレッド(カッコ内がECN口座の手数料)。

業者名
(手数料 片道)
USDJPYEURJPYGBPJPYAUDJPYCADJPYEURUSDAUDUSD
XM1.0pips1.0pips1.7pips1.0pips1.3pips1.0pips1.0pips
XM(5ドル)0.0pips0.0pips0.0pips0.0pips0.0pips0.0pips0.0pips
TitanFX0.8pips0.9pips1.6pips1.5pips1.4pips0.5pips1.1pips
TitanFX(3.5ドル)0.1pips0.1pips0.2pips0.2pips0.2pips0.1pips0.1pips
AXIORY0.7pips0.7pips0.9pips1.6pips1.6pips1.0pips1.6pips
AXIORY(3ドル)0.0pips0.0pips0.0pips0.4pips0.4pips0.0pips0.4pips
HotForex0.7pips1.0pips1.3pips1.5pips1.6pips0.8pips1.6pips
HotForex(3ドル~)0.0pips0.1pips0.5pips0.5pips0.4pips0.0pips0.3pips
LAND-FX1.0pips1.4pips1.5pips1.0pips2.3pips0.7pips1.0pips
LAND-FX(3.5ドル)0.0pips0.0pips0.0pips0.1pips0.1pips0.1pips0.1pips

海外FX 平均スプレッド(直近1ヶ月)

直近1ヶ月間の平均スプレッド(カッコ内がECN口座の手数料)。

業者名
(手数料 片道)
USDJPYEURJPYGBPJPYAUDJPYCADJPYEURUSDAUDUSD
XM1.7pips1.7pips3.6pips3.5pips3.5pips1.7pips1.6pips
XM(5ドル)0.0pips0.5pips0.7pips0.9pips1.0pips0.3pips0.5pips
TitanFX1.4pips1.4pips2.2pips2.0pips2.1pips1.3pips1.6pips
TitanFX(3.5ドル)0.3pips0.7pips1.6pips1.0pips1.1pips0.4pips0.6pips
AXIORY0.9pips1.0pips1.1pips2.2pips2.2pips1.3pips1.8pips
AXIORY(3ドル)0.4pips0.8pips0.9pips0.9pips1.2pips0.5pips0.6pips
HotForex1.0pips1.6pips2.4pips2.0pips2.0pips1.1pips1.8pips
HotForex(3ドル~)0.4pips0.8pips1.5pips1.2pips1.0pips0.2pips0.8pips
LAND-FX1.4pips1.9pips2.2pips1.7pips2.6pips1.6pips1.4pips
LAND-FX(3.5ドル)0.9pips1.0pips1.2pips1.4pips1.4pips1.2pips1.2pips

海外FX 平均スプレッド(過去)

2018年3月以降の平均スプレッド(カッコ内がECN口座の手数料)。

業者名
(手数料 片道)
USDJPYEURJPYGBPJPYAUDJPYCADJPYEURUSDAUDUSD
XM1.7pips1.7pips3.6pips3.5pips3.5pips1.7pips1.0pips
XM(5ドル)0.3pips0.5pips0.7pips0.9pips1.0pips0.3pips0.5pips
TitanFX1.3pips1.6pips2.3pips2.0pips2.0pips1.3pips1.5pips
TitanFX(3.5ドル)0.2pips0.6pips1.4pips1.0pips1.0pips0.3pips0.5pips
AXIORY0.9pips0.9pips1.1pips2.1pips2.3pips1.4pips1.8pips
AXIORY(3ドル)0.4pips0.7pips0.8pips0.9pips1.1pips0.4pips0.6pips
HotForex0.9pips1.6pips2.3pips2.0pips2.1pips1.1pips1.9pips
HotForex(3ドル~)0.2pips0.8pips1.4pips1.0pips0.9pips0.1pips0.8pips
LAND-FX1.3pips1.8pips1.9pips1.2pips2.5pips1.4pips1.3pips
LAND-FX(3.5ドル)0.9pips1.0pips1.0pips1.3pips1.4pips1.0pips1.1pips

スプレッドは、海外FX業者ごとに扱っている通貨ペアの取引量の差などによって違いがでます、その理由とスプレッドを比較するコツを押さえておきましょう。

海外FX業者をスプレッドで選ぶコツと注意点

通貨ペアごとにスプレッドが違う理由

たとえば、ヨーロッパ系の業者であれば必然的にユーロクロス絡みの通貨ペアで取引量が多くなるためユーロ関連の通貨ペアのスプレッドが狭くなり、オーストラリアの海外FX業者であれば豪ドルの取引量が多くなり豪ドル絡みの通貨ペアが狭くなります。
このようにスプレッドは、海外FX業者ごとに強い通貨ペアと弱い通貨ペアが生じることが多く、海外FX業者を選ぶ際は、トレードをする通貨ペアを決めたらできるだけスプレッドの狭い業者を選択すきなのです。

平均スプレッドで比較する重要性

スプレッドは変動するため、低い時もあれば高い時もあるので、変動スプレッドの本当の実力値を把握するためには平均スプレッドを押さえる必要があります。

たとえば、スプレッドは経済指標発表時など取引が集中する時間帯では広くなってしまうため、「最小スプレッド」だけでは実力値を把握できないのです。よって、海外FX業者のスプレッドを比較する際は「平均スプレッド」で比較する必要があります(最小スプレッドだけの場合は狭く見せたいだけなので注意しましょう)。

手数料があるECN口座ではトータルコストで比較する

海外FX業者では、取引手数料が無料のスタンダード口座と取引手数料がかかるECN口座の両方を選ぶことができます。ECN口座は、取引手数料が有料である分スプレッドが狭いので、表示されているスプレッドに取引手数料を合算したうえで「実質のトータルコスト」を計算してから比較しなければなりません。

例えば、スプレッド 0.3pips、取引手数料 往復7ドルならば、
往復7ドルは、7ドル/1ロットなので取引手数料分は0.7pipsとなります。
したがって、スプレッド 0.3pips + 取引手数料 0.7 pips = 実質のトレードコスト = 1.0 pips
となります。

A海外FX業者 スプレッド 0.6 pips 往復取引手数料 6 ドル
B海外FX業者 スプレッド 0.0 pips 往復取引手数料 10ドル

ならば、A海外FX業者のトータルコストの方がお得となります。

トレードする通貨ペアを基準に海外FX業者を選ぶコツ

  • 複数の通貨ペアでトレードする場合 ⇒ 全体的なスプレッドの狭い海外FX業者
  • 米ドル/円でトレードする場合 ⇒ 米ドル/円のスプレッドの狭い海外FX業者
  • 豪ドル/円でトレードする場合 ⇒ 豪ドル/円のスプレッドの狭い海外FX業者
  • ユーロ/米ドルでトレードする場合 ⇒ ユーロ/米ドルのスプレッドの狭い海外FX業者

といった具合で選択すれば良いのです。

国内FXの「原則」固定スプレッドは「ウソ」?!

下記は国内FX業者 DMM FXのサイトからの抜粋です。

『原則固定【例外あり】』の【例外あり】が気にかかるので、小さな文字で書かれている部分を読むと、

特に、『当該価格差については、お客様にとって有利な場合もあれば、不利な場合もあります』とあり、結局のところ固定スプレッドでもなんでもなく『変動スプレッド』であることを言っています(DMMだけでなく国内FX業者の大多数が同じような説明をしています)。

スプレッドは、変動か固定かをチェックする必要がある

上記のように国内FXでのスプレッドに関しては不明瞭な宣伝がなされているので、表示されているものが「固定スプレッド」なのか「変動スプレッド」なのかをしっかりと確認する必要があります。

スプレッドに関しては、基本的にFX業者が「固定」で提供することは容易ではありません。
為替レートは刻一刻と変動しており、小幅であったり大幅に変動する中で「固定」で提供することはFX業者にとって大きな損失リスクとなるからです。

スプレッドとは基本的に「変動」するものであり、国内FX業者が原則固定として提示しているスプレッドよりも広くなっていることに注意しましょう。

【おすすめ】この記事を読んだ人によく読まれている記事

海外FX業者別 スプレッド比較ランキング

当サイトが紹介している全ての海外FX業者のレバレッジは最大400倍以上です。
ハイレバはスキャルピング、デイトレードといった短期トレードに適しているのですが、取引回数が多いトレーダーにはスプレッドの狭い海外FX口座がおすすめです。

ランキングは直近1ヶ月の平均スプレッドを基準にしています。

順位をクリックすると評判・評価レビューへジャンプします。

 

-海外FX スプレッド, 海外FX 比較
-,

Copyright© 海外FX口座比較まとめ | 独自調査で厳選!おすすめ海外FX5社を紹介! , 2019 All Rights Reserved.